2013年12月20日

はじめてのお客様。

いつも誰かや何かのためにがんばっている大好きな友達たちのために、来年からうちにご飯を食べに来てもらえるようにしようと今準備をしています。

といってもお店を開くわけではなく、我が家で一緒に”まごころ、ふうど。”と名づけた手作りご飯を食べながら、まごころ×風土×Foodの力で鋭気を養ってもらえたらなあと考えています。

昨日はそんなわたしの家に大好きな友達を招いてランチミーティングを開催♪土佐町でとっても素敵なお山カフェ”ぽっちり堂”を開いている川村圭子ちゃんに来ていただきました。圭子ちゃんと会って話すとたくさんのアイデアやイメージがどんどんわいて、とっても楽しいのです(^-^)。先日東京でお仕事してパワーアップして帰って来た圭子ちゃんと、お互い今後どんな展開をめざすのかを話しながらのランチタイム、どんな話が聴けるかワクワクしながら料理を作りました。

IMG_7441.JPG
圭子ちゃんのために作ったランチはこちら。

IMG_7440.JPG
大根葉・カブ・ニンジンの甘酒醤油漬け、ちりめんじゃこ、炒り卵、ゴマ、古漬け大根を直七果汁で味付けしたご飯に混ぜた彩りごはん。


IMG_7442.JPG
大根・ニンジンの甘酒醤油漬け、白菜、エノキ、椎茸を重ね煮して作ったお味噌汁。


IMG_7434.JPG
赤・黄・緑のピーマンを甘酒味噌に漬けたものとエリンギ、厚揚げの炒め物。

実はどれも”お漬物”が入っています。自家製甘酒(ノンアルコール。おかゆと米麹を混ぜて保温し発酵させたもの)を発酵ベースに使ってお醤油やお味噌を混ぜたもので野菜を漬けるととっても美味しくなり、栄養価が高まり、消化にもよくなるといいことづくし。

東京から帰って外食続きだった圭子ちゃんのおなかにたくさんの善玉菌たちが届くようにと、品数は少なめでも微生物パワーいっぱいのごはんにしました。イメージは、自分でお米も野菜も育てている田舎のおばあちゃんが、それを使って孫のために一汁一菜で野菜がたっぷり食べられるように作ったまごころ料理。

素朴ながらも旬の野菜の華やかな彩りと栄養で心と体に鋭氣を養ってほしいなあっていう想いをこめて作りました(^-^)。圭子ちゃん、喜んでくれて良かった♪

IMG_7443.JPG
食事の後、ひとしきり2人でアイデア交換してから、圭子ちゃんがおみやげに持って来てくれたぽっちり堂の焼き芋パウンドケーキでティータイム。とっても美味しかった~(^▽^)。

形は違えどお互いの目指す方向性や価値観がすごく似ていて、たくさん共感しあいながらいろんな情報・アイデア交換ができました。どこか懐かしさを感じる昭和後半レトロな我が家をとっても氣にいってくれたこともすごく嬉しかったなあ(^◇^)。圭子ちゃん、素敵な時間をありがとね!

IMG_7511.JPG
圭子ちゃんが届けてくれた、圭子ちゃんのイラストによる北川村マップ。こちらの話題はまた改めて。

氣心知れた友達と一緒にごはんを食べながらのパワーミーティングはお互いにとってすごくいい時間になります。やっぱりいいなあ、うちごはん♪と自画自賛しながら(笑)、来年の本格始動をめざします。うちの中の片付け、あとひといきだ~!

◆圭子ちゃんのぽっちり堂のホームページはこちら:自宅用はもちろん、プレゼントにも喜ばれる素敵なお菓子を注文できます。イラストも可愛い!メルマガもおすすめ♪
◆今回の”まごころ、ふうど。”のポイント:一汁一菜でもしっかりおなかに届く野菜の力。
◆圭子ちゃんのための料理を通して得た喜び:おばあちゃんテイストのあったかごはんの安らぎ感。

★★★ 大好きな友達と味わう和みのうちごはん、エイネ♪ ★★★
posted by エイネ at 19:58| Comment(0) | まごころ、ふうど。 | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

シイラ×直七で土佐おむすび。

みなさん、「シイラ」ってどんなお魚かご存じですか?

*******************

img02.jpg

スズキ目に属するシイラは熱帯・温帯海域に分布する回遊魚です。大きいものでは体長2m、体重40kgにも達することも! オスは成長にともなって額が隆起してくるのが特徴で、一度見たら忘れられないような独特な姿をしています。銀色の体には青や緑のグラデーションがかかった上に金色の斑点があり、海から揚がったときにはめまぐるしく色が変化することから「虹の魚」とも言われています。日本では雑魚として扱われることが多いシイラですが、ハワイでは「マヒマヒ」という名で高級魚として扱われており、コスタリカやアメリカ、地中海にあるマルタ島などでも人気を集める魚です。

234-60.gif
※高知を知る上でとっても役立つ高知県公式特産品・観光情報紹介サイト 高知まるごとネットこちらのページより転載。シイラの食べ方や獲り方まで説明が載ってます!

*******************

このシイラ、鮮度の劣化が早いため本当に新鮮じゃないとお刺身では食べられなくて、そのお刺身がとっても美味しいんです!高知では四万十町・香南市・室戸市などでよく獲れ、”シイラバーガー”や”しーらーめん”といったご当地グルメにも活用されています。味はわりと淡白なので、逆にどんな風にも調理できて便利なんですよ♪

先日、焼き魚用の切り身を自家製の甘酒と旨味醤油(別の時に作り方を載せます)に漬けこんで発酵させておいたものを焼いてほぐし、直七果汁をしぼってご飯に混ぜて作った酢飯にゴマと一緒に混ぜ込んでおむすびにしました。彩りに貝割れ大根をトッピング。直七についてはこちらの記事をご参照くださいませ。

しいらむすび.jpg
「シイラ」×「直七(なおしち)」で作った土佐おむすび。

発酵させることによって、シイラに含まれるたんぱく質がアミノ酸に分解されて旨味の宝庫になります☆わたしは甘酒や塩麹・味噌・醤油といった発酵調味料を使った発酵料理教室を時々開催しているのですが、発酵技を活用すると料理が簡単に美味しくなるんですよ~。

旨味が増したシイラと直七の酸味があいまって、と~っても美味しい高知ならではのおむすびができあがり♪あれば大葉を刻んで一緒に混ぜてもいいですね。箸休めにはミョウガの味噌漬けとかいいかも。

これから時々高知ならではの食材を使った高知らしい”土佐おむすび”を作ろうと思います。実は高知は日本一に選ばれたお米の産地であり、米どころ。高知の豊かな気候風土が育んだ美味しいお米を使って、いろんなおむすび考えていくきね!

◆シイラについてもっと詳しく知りたい方はこちらのページをどうぞ:ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑
◆シイラという漢字:粃(身のない稲のモミのように皮は硬いけれど身は薄い様子から。魚だけど米へんの漢字があてられているというのが珍しい)
◆このおむすびを食べて得た喜び:高知らしいおむすび”土佐おむすび”を考えようという発想

★★★ 土佐おむすびで高知のお米や食材の美味しさを伝えていくの、エイネ♪ ★★★
posted by エイネ at 20:46| Comment(0) | 土佐おむすび。 | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

実は初めての”絵金蔵”。

今日は昨日に引き続き、東京から取材に来られたカメラマンさんに同行。今回の彼の仕事は高知市中心部がメインなのですが、今日から合流するもう1人のスタッフさんを空港に迎えにいくついでに一足伸ばして赤岡町へ。

kochimap.gif
赤岡町は高知市の東隣りの南国市の東隣りにある香南市にあります。以前こちらのブログで熱く紹介した道の駅やすがある香南市内の夜須町の西隣りの町です。

この町は”絵金”の町として知られています。”絵金”とは”絵師金蔵(えしきんぞう)”のことです。

***************

ekin.jpg

絵師金蔵、略して絵金。もとは土佐藩家老桐間家の御用を務める狩野派の絵師でしたが、贋作事件に巻き込まれ、城下追放となります。野に下った絵金は叔母を頼りにこの赤岡の町に定住し、酒蔵をアトリエに絵を描きました。「絵金蔵」では町内に残された二十三枚の屏風絵を収録、保存しています。

(写真に撮った絵金蔵パンフレットの表紙にある説明をそのまま転載)

***************

この赤岡町では年に一度”絵金祭り”というお祭りが開催されており、その時には赤岡の街並みに絵金の屏風絵が並べられます。その模様を毎年テレビのニュースで見るのですが、絵金の絵というとそれはもうおどろおどろしくて恐ろしいイメージ。特に絵の中の鮮烈な血の赤が怖くて、今までまともに見ようとしたことがありませんでした。なので絵金祭りに行ったことも、絵金蔵に入ったこともなくて。でも今回カメラマンさんが「絵金蔵、行きたい!」と言うので初めて入ることに。

IMG_7488.JPG
冷たい雨が降りしきる中、風情あふれるたたずまいの絵金蔵。

そして、この絵金蔵で「なんでこんなに素晴らしい高知の財産に今までふれようとしなかったのか」と後悔するほどに、感動しまくったのでした。・・・いや、むしろ今のわたしでなければ絵金の価値を理解できなかっただろうな。やっぱりベストタイミングだったわけね。

絵金の書いた絵には様々な時代背景やメッセージがこめられています。また、”血赤”と呼ばれる独自の赤にもちゃんと意味があります。これは直接絵金蔵に行って学んでいただきたいのでここには書きませんが、江戸時代の民衆文化を知る上で非常に大きな財産です。ここには改めてゆっくり足を運ぼうと思ったことでした。

絵金蔵内は撮影禁止なのですが、入口を入ってすぐのカフェスペースは撮影OKとのことでした。

IMG_7485.JPG
とっても素敵な雰囲気のカフェスペース。タペストリーに描かれているのは絵金の絵。


IMG_7486.JPG
絵金蔵の方から「あったかいお茶をご用意していますのでどうぞゆっくりして行ってください。」との嬉しいお心遣いが。


IMG_7484.JPG
なんて素敵なお茶のセッティング。とっても絵になっています。


IMG_7487.JPG
ご近所の方の手作りというポットカバーが可愛い!まるで服を着たペンギンみたい♪

ああ、もうほんと絵金蔵来て良かった~!ヘタしたらこの蔵のことを、そしてこの町の財産を知らずに一生を終えちょったかもしれんちや(>_<)。文化施設って県外からのお客様を案内しがてらとかでしか行かんけど、地元にある財産にもっときちんと目を向けようとこの年(41歳)になって痛感したことでした。

今までも赤岡のことが大好きやったけど(その理由はまたおいおい)、今日またさらにこの町のことを大好きになりました☆宝物は、足元にあるがやね~。

◆絵金蔵ホームページ:交通アクセスはこちらに。
◆絵金蔵入館料:大人500円、高校生300円、小・中学生150円(15名以上は50円引き)
◆絵金蔵で得た喜び:江戸時代の庶民の暮らしを知る大切な資料としての絵金の絵の価値を知った感激、血赤の意味を初めて知って絵に対する暗いイメージが覆された嬉しい驚き。

★★★ 足元にある宝物の価値に氣づける年になって初めて訪れた絵金蔵、エイネ♪ ★★★
posted by エイネ at 22:45| Comment(0) | 文化施設を楽しむ | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

”龍馬”を飲みに。

今日は仕事で五台山にある大好きな”眺めのいいカフェ パ・ノ・ラ・マ”に行ってました。高知のPR動画を作るために東京から来られたカメラマンさんに、ここからの眺めを通して高知の楽しさ・面白さをレクチャーしながらのティータームでした♪今日は残念ながら曇りでいい写真が撮れなかったので、ブログには晴れた日に撮った眺めをご紹介。

IMG_6302[1].JPG
パノラマの上にある展望台からの景色。高知市を山から海まで一望できます。


パノラマ.jpg
カフェからの眺めはこんな感じ。写真左にある塔のようなものが展望台です。


カプチーノ.jpg
カメラマンさんがオーダーした龍馬カプチーノ。奥に見えてるのは五台山ワッフル。

高知といえばやっぱり”坂本龍馬”の存在は大きく、NHKの大河ドラマ”龍馬伝”放映中はたくさんの龍馬ファンが高知を訪れてくださいました。今も根強い龍馬人気、県内各地で龍馬関連商品が楽しめます。龍馬を飲んでしまうという大胆な龍馬カプチーノを提供しているお店は何カ所かあるのですが、この五台山からの素晴らしい眺めとともに、龍馬の志に想いをはせるのもとっても素敵だと思います(^-^)。

わたし自身、1人でゆっくり考える時間をとりたい時には、わざわざここまで上がって来ます。鳥の目で空から下界を俯瞰するように、自分の日常から少し離れて客観的に物事をとらえるのにすごく適した時間と空間なのです。

panorama.jpg
こちらは黒糖ラテごしに眺めを撮影。夕暮や夜景もまた素敵なのです。

ここからの景色は時間ごとの光の移ろいによって同じ景色がずいぶん違う印象に見えるので、ほんとゆっくり過ごすのがおすすめです。五台山にある竹林寺や牧野植物園にお越しの際にはぜひお立ち寄りください。五台山で紅葉を楽しんだ時の記事はこちら

◆パ・ノ・ラ・マや展望台に行くには、五台山を上がる時に分かれ道が一か所出て来るので竹林寺・植物園方向の右側ではなく、展望台方向の左側に曲がりましょう。展望台側からも竹林寺・植物園に行けますが、先にそちらに行くと車では展望台に行けません。歩いても行けるのですがわかりにくいかと。
◆龍馬カプチーノのお値段:380円 ※ドリンク以外にパスタやドリア、カレーなどがあり食事もできます。
◆パ・ノ・ラ・マで毎回得てる喜び:かけがえのない上質な時間とくつろぎの空間

★★★ 龍馬カプチーノを飲みながら高知を一望するひととき、エイネ♪ ★★★

posted by エイネ at 21:38| Comment(0) | 龍馬に会いに。 | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

和風みぞれパスタ冬仕立て。

今日は、かなり体調を崩してるのに毎日仕事をがんばってる友達を心配しながら、そんな彼に食べさせてあげたい料理をイメージしてパスタを作ってみることに。

以前こちらのブログで紹介した”日本で一番高知県の事を想う店”マンジェ・ササの笹垣シェフ。本当に毎日あちこち飛び回ってて常にフル回転。心も体も休める時間がまったくないだろうなあって。

たぶん胃腸が相当弱っているはずなので、消化を助ける大根おろしを。体を温める作用のある葛粉も使おう。あと、うちにあるのは・・・エビ、葉っぱつき大根、カブ、ちりめんじゃこ。あ、ゆずみたいにすっかり黄色く色づいてしまってるすだちもあるな。じゃあ、こんなのどうかな?

まごころふうど.jpg
和風みぞれパスタ冬仕立て。

【作り方】
①エビ3匹は殻をむいて1匹を3~4等分に切り、塩とみりん(またはお酒)をふり、汚れをふきとっておく。
②大根の葉っぱ3枚はよく洗ってみじん切りに。
③カブを根元2cmほどのところで切り、よく洗い、皮ごとみじん切りに。
④好きな量のしめじを根元を切ってほぐしておく。
⑤大根を根元5cmほどのところで切り、よく洗い、皮ごとおろしておく。
⑥スパゲティを塩ゆで。その間に①~③を太白のごま油(香りのない、透明のごま油)で炒める。
⑦⑥に火が通ったら、自家製旨味醤油(黒糖ジンジャーシロップを作った後のしょうが、だしがよく出る宗田節(かたまり)、干ししいたけを漬けこんでおいたお醤油)で味つけ。
⑧⑦にゆであがった麺、スパゲティのゆで汁でといた葛粉、大根おろしを汁けごと加えてよく混ぜ合わせてからめる。
⑨⑧をお皿に移し、その上にちりめんじゃこを乗せ、周りにゴマをトッピング。
⑩すだち半分を手でしぼってパスタ全体にふりかける。おろしたすだちの皮、飾り用に切った皮もトッピング。お好みで柚子胡椒を添えて。

これがね~・・・、激ウマ!!(^▽^)v 写真ではわかりづらいのですが、葛粉でやんわりとろみがついて具のうまみを麺にからめてくれています。大根おろしの優しい甘さがかくし味。旨味醤油とすだちがまた合うわ~。じゃこやエビ、しめじの旨味もまた良し♪カブの食感は歯ごたえのアクセントに。大根葉は色味にもなって使えるよね~。時々香るお友達のさっちゃんお手製辛すぎない柚子胡椒がまたいい仕事してるわ~。時々ひょこっと顔を出すエビの赤みもきれいやわ~。と自画絶賛(笑)。

・・・ええ、笹兄さんに作ってあげたのではなく、あくまでも笹兄さんに食べさせてあげるイメージで作っただけです(笑)。わたしが1人でいただきましたよ~♪

これ、たぶん自分で食べるために作ったらこういう風には仕上げなかったよね。でも、ほんとに笹兄さんに食べさせてあげるとしたら、今の弱ってる兄さんに柚子胡椒は与えなかったなあ(笑)。あと、消化に負担をかけないようにカブや大根の皮はむいただろうな。わたしは基本的にいのちまるごといただく派なので皮はむかないんだけどね。

体調悪い時はほんとは食事をとらずにゆっくり安静に寝てるのが一番だし、パスタよりもおかゆの方がいいんだけど、まかないで作ったパスタの美味しさが何か足りないって感じのこと書いてたのであえて”心と体に優しいパスタ”を目指してみました。

直接その人に食べさせてあげなくても、イメージしながら作ると自分のいつもの発想の枠を超えたものができます。大根おろしかけたり葛粉使うなんて、普段はしないもんね。

今回は酢みかんとしてすだちを使いましたが、直七やゆずも合うでしょうね。柑橘類に多く含まれる酸味の元のクエン酸は疲労回復にも一役買ってくれますよ☆

昨日・おとといと、高知の魅力を高めてくださっていた大好きなお友達が亡くなられたという悲しい知らせを聴き、かなり落ち込んでいたのですが、高知でがんばってくださっている方々に元氣でいていただけるようにお料理を作ってあげる機会を作ろうと思いました。弱っている時、必要なのは病院で薬をもらうことじゃなくて、氣心知れた友達のもとで手作りご飯をゆっくり食べることだったりするから。

そうだ、元氣になれるご飯が食べられる場所、高知に作ろう♪

◆和風みぞれパスタ、一番のポイント:心身ともに弱ってる時、どんなものが体に優しいかをイメージすること。
◆和風みぞれパスタのアレンジ:スパゲティじゃなくて、冷ご飯でやってもいいかも。旨味醤油のかわりにだし汁使ったらさらに優しい味になっただろうな。
◆和風みぞれパスタ作りを通して得た喜び:食べさせたい人を設定することで自分の枠を越えたアイデアが出てくるという発見☆

★★★ 自分で食べる時も、食べさせたい誰かをイメージして料理するの、エイネ♪ ★★★

posted by エイネ at 16:09| Comment(0) | まごころ、ふうど。 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。