2014年01月05日

ハレノヒぷりんいちご。

今日近所のスーパーに買い物にでかけたら、「1月5日は”いちご”の日」ということで苺を使ったスイーツコーナーが特設されてました。いろいろあった中でわたしが選んだのはこちら。

IMG_7868.JPG
ハレノヒぷりんいちご。

このプリン、三原村で放し飼いで地鶏を飼われているしゅりの里のとっておき卵を使って作られているんです!しゅりの里のことはまた改めてじっくり書きますが、本当に本当に素晴らしいんです。よくぞここまでこだわりぬいて大切に丁寧に育ててくれました、と心から感謝する奇跡の卵です。贅沢にもその卵が使われているんですから、ありがたいです(:_;)。

IMG_7869.JPG
フタをとるとプルルンっとした感じのなめらかプリンが。


IMG_7871.JPG
底の部分に高知県宿毛市産のいちごを使ったジャムが入ってます。


IMG_7872.JPG
うわ~、とっても美味しそう!いただきま~す♪

・・・さすがしゅりたまを使ってるだけあって、卵の味が濃厚で口の中に優しさが広がります(^-^)。また底の部分のいちごジャムが美味しいんだな~、これが☆プリンの入ってる瓶がまた可愛くて、食べ終わった後にも活用できちゃいますね~。容器マニアにはたまりません(笑)。

プリンも苺も瓶も大好きなわたしにとって、夢の組み合わせです。このプリンを作られている幡多美味工房さん、正式オープン前に見学に行ったのですが、しゅりたまとの出逢いで生まれたハレノヒぷりんにそれはもう真心と愛情を注いで丁寧に作っていらっしゃいました。あれから3年近く経つように思うけれど、今もがんばっていらっしゃることがこうしてプリンから伝わって嬉しかったです。

原材料は高知県産の牛乳・卵・苺、そしてグラニュー糖ととてもシンプル。お母さんがお子さんのために作るようなぬくもり感と厳選されたこだわり素材でとっておきのハレの日に食べたいハレノヒぷりん。高知県内では時々サニーマートさんで販売されているようです。いちごバージョンは今回限定かもしれませんが、通常版もとっても美味しいのでぜひ店頭で見かけましたらお試しくださいね。今日もごちそうさまでした!

◆ハレノヒぷりんに使われているしゅりの里の卵についてはこちら:楽天・Yahoo!で放し飼い卵部門1位になった実力卵☆
◆ハレノヒぷりんのお問い合わせはこちらから。:カスタード・焼酎・黒糖の3種類あるそうです。
◆ハレノヒぷりんいちごを食べて得た喜び:大好き×大好きの素敵なコラボレーション!

★★★ 「いちごの日」にいただいたとっておきのハレノヒぷりんいちご、エイネ♪ ★★★

posted by エイネ at 22:24| Comment(0) | スイーツを楽しむ | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

高知市高埇、マンジェ・ササで土佐の旬をスイーツ仕立てで楽しむ。

12月5日、RKC高知放送という地元テレビ局がやってる夕方のニュースの中にある、高知で活躍されている人を紹介する「土佐人力」というコーナーで、この方が紹介されていました。

写真.JPG
マンジェ・ササ オーナーシェフ 笹垣朋幸さん

わたしは彼を笹兄さんと呼んでいるのですが、笹兄さんは”マンジェ・ササは『日本で一番高知県の事を想う店』です!”と宣言し、自然の恵みいっぱいに育った高知の食材をお菓子や料理に使われています。とにかく人一倍努力家で研究熱心。全国の名だたるシェフさんたちともつながり、世界にはばたくほどのご活躍をされています。

ちょうど放送日だった昨日、タイミング良く笹兄さんのお店へ。

DSC_0358.JPG
マンジェ・ササたかそね店。


DSC_0361.JPG
ケーキの販売だけでなく、カフェやイタリアンならぬ土佐りあん料理のレストランも併設。


DSC_0339.JPG
いつも美味しそうなケーキがたくさん並んでいます♪(写真は10月に撮影したもの)


DSC_0322.JPG
素敵な笑顔で出迎えてくださるスタッフの有光さん。


DSC_0355.JPG
こちらも輝く笑顔の間崎さん。

わたしが事務局として関わっている高知市との官民協働事業をきっかけに、その後すっかり仲良くならせていただいたマンジェ・ササのスタッフさんたち。ケーキを見るのももちろん楽しいけれど、彼女たちの笑顔に会えるのもとっても嬉しいのです(^-^)。

DSC_0335.JPG
店内には製造スタッフさんたちの写真も。

わたしにとって、すごく身近なケーキ屋さんであるマンジェ・ササ。ショーケースの中にわたしの大好きな農家さんたちとその方々が育てられた果物やお野菜の名前を見つけることがまたよりいっそうの喜び♪

buntancake.jpg
こちらは昨日ブログに書いた白木果樹園さんの文旦を使ったロールケーキ(今年の初めに撮った写真)。

今日もいろんなケーキがあっていろいろ迷ったのですが、こんなチョイスに☆

rate.jpg
左:柿のフレッシュタルトタタン・たかそね店限定
右:おおくぼ農園さんのさつまいものクリームと四万十紅茶のシフォンケーキ
奥:四万十栗のラテ

柿のタタンは笹兄さんがフェイスブックで写真をアップしていたのを見てとっても気になってたんですよね~。しかもたかそね店限定と言われたら試さないわけにはいかないでしょ☆全く加熱せずに柿の風味を最大限に活かしたそうですが、ほんと”柿”でした(^▽^)。

シフォンケーキにのってるクリームの材料であるさつまいもは、お友達のおおくぼさんが育てられたもの。ラテに使われている四万十栗も、わたしの大好きな方がその栽培や活用に関われています。

それぞれを味わいながら、生産者さんたちの笑顔を想い浮かべるひととき。それはただのデザートタイムではなく、わたしと彼らとのつながりをおなかの中でよりいっそう深めるひとときでもあります。

笹兄さんは高知の農家さんたちとケーキや料理を通してたくさんのコラボレーションをされています。単に食材を市場やお店で買って来ているのではなく、ちゃんと生産の現場に足を運び、みなさんの想いや仕事ぶりに直接ふれて使われています。食材を育てられた方々と実際につながっているからこそ、それを大切に料理することができるんですね。

DSC_0382.JPG
こちらは別の日に撮影した高知市・針木の川渕農園さんの新高梨を使った生パイタルト。


DSC_0391.JPG
志と情熱、そして努力と行動力のかたまりである笹垣さん。

マンジェ・ササでは生産者さんをお招きして実際にお客さんの前でお話していただきながらその方の食材を使ったお料理を楽しむ交流会や、お菓子&料理教室、こどもたちの夢を形にする夢ケーキ作りなど様々な試みが実施されています。わたしも以前発酵スイーツ女子会を企画してコラボさせていただきましたがすごく楽しかったですよ♪

2012-06-30 20.02.26.jpg
その時発酵スイーツとして作ってくださったスフレ。

こんな素敵なケーキ屋さんが高知にあることが本当に嬉しい!!

料理って食材のプレゼンテーションそのもの。自分のプレゼン素材に対してどれだけの愛と情熱を注げるかがすごく重要。料理人さんと、生産者さんや食材との信頼関係のもとで、食べた人の心も体も、そしてその人たちが住む社会や未来までも豊かにする絆が育まれていくのではないでしょうか?

スイーツって基本的には冷蔵ケースの中に入ってるクールなものだけど、マンジェ・ササのスイーツはとっても熱いです☆そしてそんなスイーツのお店を作られている笹兄さんの感性を育てたのは、高知の風土なんですよね(笹兄さんは四万十町興津出身)。

人を通しても、高知の素敵さをつくづく痛感。だから、高知が大好きながよ(^-^)。

高知の旬をホットに美味しくいただきました。昨日は東京出張でお店にいらっしゃらなかったのですが、笹兄さん不在でもしっかりお店を回しているスタッフのみなさん、ありがとうございました!

◆マンジェ・ササのホームページ:東京にも2軒お店を出されてます☆サイトでチェック!
◆笹垣シェフのフェイスブックページ:毎日飛び回ってる様子がよくわかります。
DSC_0448.JPG
ちゃめっけたっぷりの笹垣スマイル。ケーキの本も出されました。
◆マンジェ・ササで得た喜び:生産者さん・料理人さん・スタッフさん、大好きな方々のコラボレーションを舌とおなかで味わう至福のデザートタイム。

★★★ 日本で一番高知県の事を想う店”マンジェ・ササ”の情熱いっぱいスイーツ、エイネ♪ ★★★ 
posted by エイネ at 17:09| Comment(0) | スイーツを楽しむ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。