2013年12月22日

冬至の楽しみ。

今日は冬至。一年で一番日が短いということで、明日から少しずつ日が伸びていくのが嬉しいです♪冬至といえば、”ゆず湯”。うちの前にある家の方の庭にあるゆずの木を母が世話しているもので、そのお礼にとたくさんのゆずをいただきました☆

IMG_7517.JPG
かごてんこもりのゆず。これでもまだ入りきらないほどいっぱいありました。


IMG_7518.JPG
ゆず湯もいいけど、ゆずの種の化粧水を作りたくて果汁をしぼりました。


IMG_7519.JPG
種は洗わず焼酎漬けに。このまま一週間ほど寝かし、使用時に水で薄めて活用すると良いそう。


IMG_7520.JPG
果汁にははちみつとお湯を加えてホットゆずネード。


IMG_7521.JPG
しぼった後の皮は台所の三角コーナー用水切りネットに入れてゆず玉とともにお風呂へ。香りが最高!

いや~、ゆずっていろいろ使えて便利だな~♪まだまだたくさんあるから、ゆず酢をしぼって保存しておこう☆今年は皮も干して料理に使いたいな。

ちなみに日本国内で収穫されるゆずは、実に50%が高知県産!!(2006年のデータ)2位の徳島の18%を大きく引き離してぶっちぎりの日本一の生産量を誇っています。特に高知で有名なゆずどころは「ごっくん馬路村」やゆずポン酢が大人気の馬路村とそのお隣りの北川村です。北川村でゆず栽培を推奨したのは、実は幕末の志士として名をはせたとある方なのですがご存じですか?馬路村と北川村の魅力についてはまた改めてご紹介しますね。

ゆず王国北川村のゆず物語:高知のゆず作りは北川村から始まったのだそうです。
◆ゆず化粧水の作り方:こちらにいろんな作り方がまとめられています。
◆ゆずをたくさんいただいて得た喜び:何よりもこの爽やかな香りに癒されまくり♡

★★★ おすそわけのゆずの香りに包まれて過ごす土佐の冬至の夜、エイネ♪ ★★★

posted by エイネ at 21:45| Comment(0) | 四季を楽しむ | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

高知市五台山・竹林寺の紅葉の中で静けさを楽しむ。

12月最初の日曜日。今日は1人の時間をのんびり楽しみたくて、高知市の中でもダントツにお気に入りの五台山へ。

五台山は高知市南東部にあり、高知駅からだと車で15~20分くらいのところにあります。山麓には四国霊場31番札所の竹林寺高知県立牧野植物園があり、たくさんのお遍路さんや観光客が訪れる場所です。

天平時代、中国の五台山に登り文殊菩薩をお参りする夢を見た聖武天皇の命を受けた僧・行基がその山に似た山を探し全国各地を行脚し、その末に土佐へたどり着いた際に、地元の人々に当時"大島"と呼ばれていたこの山と出会い、”五台山”と命名したのだとか。中国の五台山は文殊菩薩の聖地として古くから信仰を集めており、こちらの五台山の山腹に竹林寺を開基、文殊菩薩を祀ったのだそうです。

その後、大同年間(806〜10)に弘法大師がここに滞在して瑜伽行法を修法し、荒廃した堂塔を修復、霊場にされたとのこと。四国霊場で知恵の文殊菩薩が祀られているのはここ竹林寺だけで、多くの受験生が合格祈願に訪れます。

そんな竹林寺の紅葉が見頃だと、友達がフェイスブックに写真を投稿してたのを見て、わたしも直接見に行ったのでした。

IMG_6793.JPG
寒さの中にあたたかみを感じる色合い。

IMG_6797.JPG
お寺の境内に続く階段。土佐で京都にいる気分。

IMG_6799.JPG
自然の色合いと光が織り成す神聖な美。

IMG_6798.JPG
太陽の光のもと躍動するいのちの息吹。

・・・なんていうか、その美しさを言葉にしようとする必要なんてないのだと思いました。

ただ、見る。
ただ、感じる。
ただ、そこにともに在る。

そんな至福の時を、ひとりかみしめる喜び。

誰かと感動を分かち合うことももちろん楽しいけれど、今自分が五感で感じていることの中にただ身をゆだねるということの豊かさもかけがえのないもの。

自然の美しさに心ときめきながらも、どんどん自分の中に静寂が広がっていく感覚がとても素敵だったのです。

IMG_6796.JPG
その場所で生き続けていく強さ。

IMG_6800.JPG
その時にあるべき姿に移ろいゆく潔さ。

IMG_6801.JPG
何十年も先を見越しての配置と手入れの妙。

IMG_6802.JPG
自然と人との共生によって生まれる”景色”。

IMG_6349.JPG
光と影が織りなす調和。

光は影の中にあり、影は光の中にあった。
ああ、なんだ。一つなんだ。
みんな、一つなんだ。
そこに境界は、本当は存在しない。
光景の中にいる自分とも。

”つながり”

そんな言葉が頭に浮かび、1人でいながら1人ではないぬくもりや心強さを感じたことでした。

高知で生まれ育って、豊かな自然に身近にふれることができて、一番の財産だと思うのはそんな風土の中で磨かれていく感性。教えられるものでも、身につけようとするものでもなく、いつのまにか自分の中で輝きを増す感性や感受性。高知はもちろん、日本に生まれて良かったとつくづく思います。そしてそう思える時間・空間を意識して持つことの必要性も痛感します。田舎にいても、田舎なりのあわただしさはやっぱりありますからね。今日はほんと、素敵な時間を堪能できて良かった!おかげですっかりリフレッシュできました☆

五台山は観光地ではありますが、案外人は多くなくて特に早朝は静寂でおごそかなひとときを楽しめておすすめですよ♪竹林寺散策の後は、眺めのいいカフェでこんなお楽しみも。

IMG_6803.JPG
シュークリームに抹茶パウダーをかけて五台山に見立てた五台山シュークリーム。クリームたっぷり!

このカフェの魅力についてはまた別の機会に(^-^)。

◆今日使ったお金:竹林寺でのおさいせん+シュークリーム250円。
◆今日使った時間:紅葉の写真を撮ったりカフェでのんびりしながら3時間。
◆今日得られた喜び:1人を楽しむ時間の有意義さ、いろんなつながりの中に生きてる自分のありがたさ

★★★ 紅葉の竹林寺を1人静かに楽しむ休日、エイネ♪ ★★★

posted by エイネ at 21:31| Comment(0) | 四季を楽しむ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。