2014年01月10日

草やさんの御馳走(後編)。

昨日熱く語った草やさんの魅力。実はわたし、今まで草やさんではお昼ご飯しか食べたことがなくて、しかも量はけっこうあるのにいつも全然おなかが満足しなくて不思議に思っていました。

草やランチ.jpg
とある日の草やさんの昼ご飯。

わたし、普通はこのくらいの量食べたらけっこう満腹感があるんです。人よりもよく噛んで時間かけていただきますし。でも、草やさんではむしろしっかり食べてるのに食べ終わった時になんだか逆におなかがすいたような感覚になるのです。

なので、昨日の夕食も実は行く前にパンを2つ買い食いしていました。そして後悔するほどおなかいっぱい心づくしの御馳走を食べ、その反省をご主人の和田さんにお伝えしました。そしたら和田さんが「僕も草やの昼ご飯ではおなかいっぱいにならないんです。」とおっしゃったのです。なので、ご飯は混ぜご飯を出しているしおかわりOKにしていると。

それを聴きながら、わたしの中で腑に落ちたことがありました。

”・・・草やさんのお昼ご飯は、優しいんだ。”

草やさんは高知のオフィス街にあり、お昼は近隣で働くOLさんや会社員さんたちでいっぱいになります。限られたお昼休みに手早くしっかりご飯を食べて、またお昼からの勤務に戻られます。

お昼ご飯におなかいっぱいになるほど食べてしまうと、眠気に襲われてしまい午後からの仕事に支障をきたします。また消化に負担のかかるようなこってりとしたものを食べると胃がもたれてしんどくなってしまいます。

でも草やさんのご飯は、胃にまったくもたれません。なんていうか、食べるはしから滞りなくスムーズに消化されていき、どんづまりしない。我先にと食べ物が胃の中に飛び込んでいくのではなく、礼儀正しくゆるやかになじんでいくような優しさがあるのです。

しっかり食べてもおなかいっぱいの苦しさはない。むしろ食事前よりも軽快に昼からの仕事にとりかかれる。わたしがなんだか物足りなく感じていたおなかいっぱいにならないにならない草やさんの昼食、実は理想的なお昼ご飯やん!

そう氣づいて、わたしの頭の中にかかっていたもやもやした霧はすっかり晴れました。

おなかいっぱいにさせること=満足の提供、ではなく、その時々の状況に合わせて相手に一番望ましい食後の状態を提供することこそが真心であり本当のおもてなしなのだと氣づいたのでした。贅沢できらびやかで豪勢な”ごちそう”ではなく、日々の暮らしの中でごはんを通して優しく温かく食べた人を応援してくださる”御馳走”なんだなあ・・・。

ただ食べて美味しい、ではなく、深い氣づきにつながる食事をいただけた草やさんでの昨日の一夜。とても幸せな氣持ちいっぱいで帰ったことです(^-^)。

そんな草やさん、ぜひ心づくしのご飯を食べに行ってくださいね♪高知の大切な宝物です!草やのみなさん、本当にありがとうございました!!また行きますので(^▽^)/

◆草やさんのブログ:草や★徒然日記←お店情報もこちらにあります。
草やさんのフェイスブックページ:「いいね!」を押して応援しましょ♪
◆草やさんの御馳走から得た喜び:本当の料理人の心意氣。

★★★ 五臓六腑はもちろんのこと、心の奥底にまでしみわたる草やさんの御馳走、エイネ♪ ★★★



posted by エイネ at 22:36| Comment(2) | 食を楽しむ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨夜マスターと一緒に拝見いたしました。

「こんなに丁寧に書いてくださって本当にありがたい。ブログやFBページまで応援してくれて。。。」
とマスターが感激しておりました。

江利香さんのこと、「食」のことなど夜遅くまで夫婦で語りました。

少し寝不足ですが、気持ちのよい目覚めとなりました。ありがとうございました^^


Posted by ikuko at 2014年01月30日 11:37
ikukoさん、こちらこそ本当にありがとうございます!
草やさんの記事を書きながら、
わたし自身すごくたくさんの氣づきがありました。

食についてのものの見方が深まり、
とても感謝しています♪

またお友達連れて伺いますね(^-^)。
マスターにもよろしくお伝えくださいませ。
Posted by 江利香 at 2014年01月30日 17:22
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。